早漏症の治療にプリリジーのすすめ

早漏治療をお考えの方に是非試して頂きたいのがプリリジーというお薬です。日本でも処方薬として扱われていますが、通販サイトを利用することでさらに安価で購入することが可能です。

通販サイトで購入できるプリリジー

プリリジーで早漏症のお悩み解決

早漏で悩んでいる人の中には、トレーニングだけでは足りないと思っている人も多いのではないでしょうか。早漏トレーニングは効果が出るまで長い時間と手間がかかるため、その途中で行為に及ぶ際は、即効性の効果がある物が欲しくなります。
そんな方には、プリリジーがおすすめです。
早漏対策の一つとしてプリリジーは有効であると言えます。プリリジーは即効性の高い飲み薬で、摂取後短時間で効果が発揮されることが特徴なのです。
そのメカニズムとして、行為前に早漏などの要因で不安になっている人は、ノルアドレナリンが大量に分泌されます。
これが多くなりすぎると、脳の命令系統が混乱し、射精の命令が早く出てしまうことがあり、早漏の原因の一つとなってしまうのです。
プリリジーは、このノルアドレナリンを抑制するセロトニンを増やすことで、精神的に安定させる効果があります。
この効果により、射精までの時間を増やすことができるのです。
注意しなければならないこともあります。プリリジーは行為の3時間前に飲む事が推奨されています。
効果がしっかりと発揮されるための時間であるため、直前に飲んでも効果はありません。
また、プリリジーのセロトニンを増やす効果は、うつ病の治療として使われる抑うつ剤と同じものです。
その効果はとても短くされていますが、抑うつ剤を服用している方が使用することは非常に危険です。
心不全などの病気を抱えている方も危険であるため、どうしても飲みたい場合は、事前に医者と相談をしておくことが大事です。
そして、どんな薬にも副作用があり、それに頼り過ぎるのは危険です。
早漏対策トレーニングを行うなど、時間をかけて治していくのが、最も健康的でリスクの少ない方法なのです。

プリリジーの効果とメカニズム

プリリジーはダポキセチンを有効成分にした早漏治療薬で、現在ではヨーロッパを中心にした60ヶ国で認可され処方されている医薬品です。
ダポキセチンはうつ症状を回復するために開発された成分で、分類的にはSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)とされますが、射精時間が長くなったという報告を受け、早漏に有効だと発見されました。
ダポキセチンはセロトニントランスポーターに作用してフタのような役割を示すことで、神経伝達物質のセロトニンが再取り込みされるのを阻害し、脳内でのセロトニン量を増やしてうつ症状を緩和する作用があります。
この作用が早漏にどう関与するのかは、射精のメカニズムと合わせて考えると理解しやすくなります。
男性器の勃起と射精は自律神経の交感神経と副交感神経が密接に関与しており、勃起のが起こる場合は副交感神経が働き、射精をする際は交感神経が働くようになっています。
副交感神経が働くと、男性器の血管が拡張され血流を増進させることで、勃起ができるようになりますが、この時点では射精までは至りません。
交感神経が働く時は、不安や恐怖などの興奮を司る神経伝達物質であるノルアドレナリンが分泌され、射精を促すようになっています。
つまり、ノルアドレナリンが射精へのスイッチとなっており、早漏の人はこの物質が大量に分泌されていると言われています。
セロトニンはノルアドレナリンを抑制する働きがあるので、プリリジーを飲んでセロトニン量を増やすことで、ノルアドレナリンの働きを抑え、興奮が静まることで射精へのスイッチがなかなか入らずに早漏から改善されると言われています。
プリリジーの効果は複数回の臨床試験によっても確認され、射精までの時間が3~4倍は長くなることが認められています。

プリリジーの安価な通販サイト

日本は、早漏症で悩む男性が多いです。
500万人以上の人が早漏症の悩みを抱えていると言われています。
早漏症は、性交渉の時にパートナーが満足していないのに、男性が射精してしまう状態のことです。
現在では、射精するまでの時間が短いことを指します。男性の射精までの時間は、平均して6分から7分くらいです。
しかし、早漏症の男性の場合、統計によると平均して1.8分で射精してしまいます。
早漏症の原因は、男性機能が問題なのではなく、心の問題が大きく影響しています。
ストレスや不安、緊張から、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足して、射精までの時間が短くなります。
セロトニンが不足すると、ノルアドレナリンを抑制することができずに、早く射精してしまうのです。
昔は、陰茎の皮膚過敏が早漏症の原因だと言われていたことがあり、包茎手術をする人もいました。
しかし、最近では、セロトニンの不足を改善する内服薬での治療が主流です。
2009年に大手製薬会社が早漏治療薬を開発します。この治療薬がプリリジーです。
プリリジーは、セロトニンの濃度を高く維持することができます。プリリジーの有効成分は、ダポキセチンです。
ダポキセチンは、セロトニンの濃度を高めることにより、射精までの時間を延長します。
ダポキセチンは短い時間で最高血清中濃度に達し、その後、排出されます。
プリリジーは、ED治療薬との相性が良いので、一緒に服用する人もいます。プリリジーは、性交渉をする1時間から3時間前に服用します。
プリリジーは、処方薬ですが、最近は、個人輸入代行会社の通販サイトなどで購入する人も増えています。
個人輸入代行会社の通販サイトは、安い価格で治療薬を購入できるので人気があります。